口紅の色が景気を左右し、口紅が世界を支配している

口紅と景気とは一般的に因果関係が無い物と思われがちですが、論理的に考えて関係が強い可能性があります。女性にとっての唇は、男性の唇とは感じる意識に大きく違いが現れていると言われています。私達、人は猿から進化してきた物です、女性の猿は衣類を着衣していませんので、男猿に性器を見せてセックスアピールをする事ができます。人は衣類を着る事によってできません、その性的エネルギーが唇に移動されたと言われています。女性が唇につける口紅の色は、異性に対するセックスアピールと言えます。女性の方は、他の女性と差別化をして美しなり、異性から選ばれたい本能を持ち合わせています。口紅の色の流行りとは、差別化の流行りでもあります。薄い色が流行れば、濃い色を求める傾向にあります。濃い赤は、異性に対して興奮を与え、薄い赤は抑制力を与えると言われています。つまり、男性が使うお金は女性の唇の色によって影響を受ける事になります。濃い赤を見る事によって男性がお金を沢山使えば、景気は良くなり、薄い赤を見る男性は、お金を使う事を抑制する事によって景気は悪くなります。この様な論理的な考え方が、女性の唇の色が景気を左右させていると言われる所以です。違う視点から言えば、女性同士の戦いが景気を左右させているとも言えます。

着物についた口紅やファンデーションの落とし方

市販のベンジンは揮発性溶剤の一つで、口紅やファンデーションなどの油性の汚れを落とすことができます。色素や汚れはきれいな布へ、水分は乾いたところへと移動する性質があります。これを利用して汚れを別の布に移し取るのが、シミ抜きの基本です。口紅やファンデーションの襟汚れも、ベンジンで汚れを浮き上がらせ、きれいな布に移し取ります。着物の下前の襟先など目立たないところで、色落ちしないことを確かめてから始めるようにします。作業は掛け襟全体を濡らすようにすれば色の境目がつく心配もほとんどありません。濡れた状態の絹はとてもデリケートですから、もんだりこすったりするのは厳禁です。また、シミが残った状態で、アイロンなどはかけないようにします。シミ抜きをするときは、ベンジンを広口のグラスに移して、シミ抜きブラシにベンジンをたっぷり含ませます。襟の下に晒しを敷き、手首に力を入れず、シミ抜きブラシを表面に軽くつけて布目に沿って動かします。表面をきれいな晒しで押さえるように拭き、輪ジミにならないようにぼかします。ドライヤーを冷風にして、ベンジンを飛ばします。ベンジンを正しく使うためには火気は厳禁で、使うときは、たっぷりめに使い、ほかの薬品などは一緒に使わないようにします。


Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_AA/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/imkdqir7/public_html/inc/randlink.php on line 12